品質管理・品質保証の年収はどのくらいでしょうか。

これから品質管理・品質保証の仕事に就きたいと思っているあなた。いったい年収はどのくらいもらえるのだろうと思いますよね?

あるいは現在すでに品質管理・品質保証の仕事をやっているあなたは、現在の年収が世間相場から見て安いのか高いのか、気になりますよね?

 

むろん、年収は個人個人の年齢やキャリアなどで異なります。企業規模、業種、地域によっても異なります。何らかのデータで平均年収を見ても、その金額があなたの年収とリンクしている訳ではありません。

それでも品質管理・品質保証の平均年収の相場を知りたいと思う人は大勢いることでしょう。あなたもそうですか?

ここでは私が調べたいくつかの平均年収データを紹介したいと思います。

1つは、「日本人の給料ランキング」(宝島社発行 2018年7月)からのデータ、もう1つは大手転職サイトの求人情報です。

 

「日本人の給料ランキング」による平均年収データ

まずは「日本人の給料ランキング」に載っている品質管理・品質保証の平均年収から紹介しましょう。

家電や自動車などのモノづくりの業界と、化学・食品業界の2つに分けてデータが掲載されています。

 

■モノづくり業界の品質管理・品質保証

●平均年収 471万円

●生涯賃金 2億389万円

 

■化学・食品業界の品質管理・品質保証

●平均年収 432万円

●生涯賃金 2億232万円

 

「日本人の給料ランキング」にはもっと詳しいデータも出ているので興味のある方は本屋で購入して読んで下さい。

年収の傾向としては年功序列の要素が強く、20代では300万円台、30代では400万円台、40代では500万円台、50代になると700万円台、と言うのが相場のようです。

むろん、現代において完全な年功序列などめったにお目にかかれるものではありません。能力向上もなく成果も出さない社員が、勤続年数だけで給料が上がるような時代はとっくに終わっています。

勤続年数やポジションに相応な実績を残すことが年収アップの条件だろうと思います。

 

また、品質管理の仕事は男女の差なくやれそうに思いますが、年収で見ると平均で100万円ほどの男女差があります。男性の方が100万円ほど多いのです。

男女差は20代ではそれほど大差ないのですが、30代、40代で大きな差となってきます。

むろん、平均年収から見た傾向がそうなっている、と言うだけで女性でも高額年収の人は大勢いるはずです。

 

転職サイトのデータベースによる品質管理の平均年収

では次に、大手転職サイトDODAとマイナビエージェントの両サイトのデータベースから、品質管理・品質保証の平均年収を紹介します。

 

■DODAのデータベース(モノづくり系)

品質管理・品質保証の平均年収

●平均年収 458万円

●男性平均 468万円

●女性平均 366万円

 

●20代平均 365万円

●30代平均 462万円

●40代平均 532万円

●50代以上平均 683万円

 

■マイナビエージェントデータベース

品質管理・品質保証の平均年収(機械・電気・電子・素材分野)

●平均 422万円

 

●20代平均 406万円

●20代男性平均 413万円

●20代女性平均 349万円

 

●30代平均 456万円

●30代男性平均 460万円

●30代女性平均 401万円

 

以上がDODA及びマイナビエージェントのデータベースに掲載されている平均年収です。何度も言いますが、あくまで平均値であり実際の年収提示は個別の評価結果によります。

 

このデータによれば、

●年齢と共にキャリアを積めば年収は増えていく。

●年収の男女差が50万円~100万円ある。

この2点が言えそうです。

多少金額は異なりますが、「日本人の給料ランキング」と似たような傾向になっています。やはりこの辺の数字が相場のようです。

 

ちなみに私が以前勤務していた半導体工場では、DODA、マイナビエージェントの年収データより50万円~100万円ほど安い金額だったと思います。

地方の中小企業では大企業並みの金額は出せません。年収は個人評価と企業の事情によります。

 

大手転職サイトの品質管理・品質保証の年収

次に大手転職サイトにおける品質管理・品質保証の求人情報に提示されている年収金額を紹介しましょう。

今回調査した転職サイトは以下の6社です。

●DODA(デューダ)

●マイナビエージェント

●リクルートエージェント

●パソナキャリア

●キャリコネ

●キャリアカーバー

この6社における品質管理・品質保証の求人年収を調べました。

 

年収調査結果の前に品質管理の求人件数を紹介しておきます。合わせて全求人に対する年収600万円以上の割合も紹介しておきます。

 

■品質管理・品質保証の求人件数(表1)

転職サイト 求人件数(件) 年収600万円以上の割合
キャリコネ 6,001 52%
リクルートエージェント 4,033 70%
DODA(デューダ) 1,233 67%
キャリアカーバー
1,228
100%
パソナキャリア 1,141 63%
マイナビエージェント 702 74%

*DODAは公開案件のみ。別に非公開案件あり。キャリアカーバーは最低でも600万円以上の年収案件しか扱っていません。

 

表1のように、品質管理・品質保証の求人が多いのはキャリコネ、リクルートエージェント、DODAの順です。

ただし、キャリコネはDODAはじめ他の転職サイトと提携しており転載求人です。広く求人を集めているので件数は多いですがその代わり色んな条件の求人が混ざっています。

 

リクルートエージェントも求人が多いですが、求人条件を細分化して掲載しているためトータル件数が多くなっている傾向があります。求人の企業数で数えるとそこまで多くありません。

一方、DODAは公開案件だけのデータです。この他に非公開案件があります。高給案件ほど非公開になるので、ぜひあなたはDODAエージェントサービスに登録して非公開案件の情報も入手して下さい。

もっとも、DODAに限らず他の転職サイトも会員登録しないと実際には利用メリットがありません。ぜひお気に入りのサイトを見つけて複数登録して下さい。

 

さて、それでは年収調査の結果を紹介したいと思います。ただし、6社の中でキャリアカーバーは全て年収600万円以上の求人であり、調査の対象外としました。

高額年収を狙うあなたはぜひ会員登録して下さい。あなたのキャリアに興味を持ったヘッドハンターがあなたをスカウトしてくれます。

 

そしてキャリアカーバーを除く5社については年収300万円から1000万円以上の分布を調べて比較してみました。ただ、マイナビエージェントだけは他の4サイトと検索条件が異なるため比較が出来ませんでした。

 

まずはマイナビエージェントを除く、DODA、リクルートエージェント、パソナキャリア、キャリコネの4社の調査結果です。

 

■転職サイト4社の年収分布(図1)

転職4サイト品質管理年収分布

*2018年12月調査。DODAは公開案件のみ。

 

図1の通り、どの転職サイトも年収400万円以上の求人が全体の8割、600万円以上でも5割から7割あります。

むろん、実際の年収提示額は応募者の年齢やキャリアなど個別審査によって決定されます。このデータはあくまで目安の1つです。

 

転職サイトの中でDODAとリクルートエージェントが年収の高い求人が多くあります。どちらも求人件数も多いので、まずこの2サイトは最初に登録しておくべき転職サイトだと思います。

特にDODAは公式サイトが大変使いやすく、見やすく絶対のお奨めです。

 

次にマイナビエージェントの年収分布をご覧頂きましょう。

 

■マイナビエージェントの年収分布(図2)

 

マイナビ品質管理年収分布

 

図2をご覧頂いてお分かりのように、年収500万円~600万円以上の求人が最も多く掲載されています。

 

図1と図2を見比べて頂くとお分かりのように、年収検索の方法が異なります。

例えば、「年収550万円~750万円」と言う案件は、図1では「300万円以上、400万円以上、500万円以上、600万円以上、700万円以上」の5区分に登場します。

しかし、図2では「500万円以上、600万円以上、700万円以上」の3つの区分にしか登場しません。この差があります。

 

まとめ

今回は品質管理・品質保証の仕事で年収はどのくらいが相場なのか、転職サイトの情報から調べてみました。

ネットで見る情報では、「年収は300万円~700万円」とする記事が非常に多く見つかります。確かに転職サイトの情報でもその通りです。

しかし、「300万円~700万円」とはかなり大きな幅です。これだけ大きな幅なら多くの場合含まれるでしょう。

しかし逆に言えばあまりに幅が大き過ぎて参考にならない数字です。要するに年齢やキャリアで年収は変わると言うことです。今回紹介したデータは全て目安にしかなりません。

 

まずはあなたの希望する勤務地、業種、企業などを絞り込んで年収金額を検索して下さい。おススメの転職サイトは今回紹介した6社です。

 

●DODA(デューダ)

●マイナビエージェント

●リクルートエージェント

●パソナキャリア

●キャリコネ

●キャリアカーバー