あなたが現在、食品業界で品質管理、品質保証の仕事をされていて、同業種への転職をお考えなら、あるいは異業種から食品業界へ転職をお考えならぜひこの記事をお読み下さい。

 

今回調べてみて分かったのですが、食品業界の品質管理、品質保証の求人はそう多くありません。大手の転職会社でもハローワークでも、求人件数は少ないです。

では、どうやって好条件の求人を見つけるか、その方法をここで紹介したいと思います。

 

なお、食品の他にもこんな業界の記事があります。ぜひ参考にして下さい。

■業界別 品質管理・品質保証の転職情報の探し方

●自動車業界

●半導体業界

●家電業界

●食品業界

 

食品業界の品質管理・品質保証求人の実状

食品業界において品質管理は生命線

一口に食品業界といってもお菓子・製パン、加工食品、食材・食料品といくつかのジャンルに分かれます。

しかしどのジャンルにしろ商品は最終的に消費者の口に入ります。従って衛生面を含めて品質管理はある意味企業にとっての生命線です。

 

食品業界の品質管理が他の業種と違うのは衛生管理までも業務範囲に含み、不良の発生は商品の返品や交換だけでは済まないと言う点です。

 

万一不純物が入っていたり、細菌が混入していたら致命傷です。不良品の流出は健康被害につながる危険性があります。

 

実際、過去にそうした事故、事件が何件かありました。

最も記憶に残るところでは『雪印集団食中毒事件』があります。

2000年(平成12年)に起きたこの食中毒事件は、雪印乳業によるずさん過ぎる品質管理の不備から14,000人以上の患者を発生させると言う、前代未聞の被害となりました。

 

ここまで被害が大きくなくても異物混入による商品の自主回収は毎年のようにどこかの食品メーカーで発生しています。

 

商品を回収する費用も大変ですが、それより何より消費者の信頼を失うことが最大のリスクです。失墜した信用を回復させるのは並大抵のことではありません。

 

先の事件を起こした雪印乳業は信頼回復に至らず、その後は分割、吸収合併を何度か繰り返しついに社名が消えてなくなりました。

決して大げさでなく食品メーカーにとって品質管理は生命線なのです。

 

それでは品質管理・品質保証の求人は多いのか?

今も説明したように食品メーカーにとって品質管理は生命線なので、さぞや求人も多いだろうと思いきや・・・。

残念ながらその逆で食品業界から品質管理の求人はとても少ないのが現実です。

 

大手の転職会社の求人を見ても、他の業界の品質管理、品質保証の求人に比べて件数は半分から1/3以下、中にはほとんどゼロと言ったケースもあります。

 

では地元のハローワークの求人はどうかと調べてみると、食品検査の求人は多いのですが品質管理の仕事となると、これまた少ないです。

 

なぜ食品業界では品質管理の求人が少ないのか?

こんなに求人が少ない理由の1つとして、食品製造業の構造があると思います。

実は食品製造業は中小企業が62.1%、零細企業が36.7%を占めています。中小企業と零細企業で全体の99%を占めているのです。

 

ここで言う中小企業とは従業員が299人以下、零細企業は従業員3名以下を指します。詳しくは農林水産省のデータを参照下さい。

 

日本の製造業における中小企業の割合は7割と言われています。従って食品業界の中小企業の比率は他の製造業よりかなり高いと言えます。

 

従業員が3名以下の零細企業で品質管理の専任者をおくなんて考えられません。多くは家内工業のイメージで、一人で何役もこなしているはずです。

 

中小企業においても品質管理担当者が現場に入って製造作業を兼任することはごく普通にあります。

実は私自身、過去に食品加工メーカーの品質管理職に応募したことがあります。社員40名ほどの中小企業でしたが、面接の時に忙しい時期は製造に入ってもらいますと説明がありました。

 

要するに中小企業においても多くの企業では、新卒や中途採用で品質管理の専従者を採用する余裕はないと言うことです。

社内の製造や間接部門の社員が品質管理も兼任するケースが多いのです。

 

こうした食品業界の事情によって、大企業や一部の中堅、中小企業から求人が出ているものの、全体としてみれば非常に少ないのが現実です。

 

品質管理・品質保証の求人の探し方

では食品業界の品質管理や品質保証の仕事で転職したいあなたはどうやって転職先を見つければいいでしょうか?

その方法は2つあります。

 

転職会社を利用する

1つ目は転職会社の利用です。先ほども説明したように多くの転職会社では求人がほとんどありません。

しかし、中にはまとまった件数の求人を扱っている転職会社もあります。

 

その代表が、リクルートエージェント、パソナキャリア、doda、キャリコネ、リクナビNEXT、この5社です。ぜひこの5社を併用して下さい。

 

何しろ他の転職会社よりも求人が多いとは言え、食品業界からの求人は自動車や半導体、家電などに比べれば非常に少ないです。

転職会社を1社に絞って利用すると情報量が足りません。チャンスを逃す危険性があります。

 

それぞれの転職会社は独自案件を抱えています。また一般には非公開の好条件の求人も抱えています。こうした転職情報を逃さず入手する為、5社併用をお奨めします。

 

転職を成功させるにはタイミングがとても重要です。好条件の求人には当然応募者が殺到します。あっという間に応募枠は埋まり、チャンスはそこでついえます。

ライバルよりいかに早く求人情報を入手できるか、そこがカギです。

 

その点、転職会社に登録して希望の条件をエージェントに相談しておけば、すぐに見つからなくても随時情報を流してくれます。チャンスを逃さず応募することが出来ます。

 

リクルートエージェント、パソナキャリア、doda、キャリコネ、リクナビNEXTの5社についてはこの記事の最後に詳しく紹介します。

 

ハローワークを利用する

ハローワークでは、先ほども説明しましたが食品検査の求人が多く、品質管理の求人は少ないです。しかも求人の多くはパート募集で正社員募集は少ないです。

 

ただ、ハローワークでも件数は少ないですが正社員の品質管理の求人はあります。

すぐに希望の求人が見つかるかどうか分かりませんが、時間をかけて探す覚悟があれば見つかる可能性もあります。

 

地方からも求人が出ている

食品業界は中小企業が多いと言う説明をしました。その為、関東、関西、東海エリアだけでなく地方からも求人が出ています。

 

むろん、件数で言えば関東、関西、東海エリアが多いのですが、地方でもそれほど大差なく求人が出ています。

これも食品業界の特徴の1つです。他の業界だと求人は圧倒的に関東、関西、東海に集中しています。

 

何しろこの人手不足の時代ですから、地方の中小企業は深刻です。品質管理や品質保証の実務経験者となるとそうそういません。

 

そこで地方の企業であっても転職会社を通じて全国から応募者を募っています。中にはUターン転職、Iターン転職の希望者がいるかも知れないと言う企業の読みです。

 

月給や年収はどうか?

では、食品業界における品質管理、品質保証の月給や年収はいかほどでしょうか?

転職会社の求人を調べてみると、大手企業の場合だと400万円~600万円が目安です。中小企業だと270万円~400万円といったところです。

求人の中には管理職候補の募集もあり、そうした求人では年収もかなり高額です。

 

ちなみに、大手転職会社であるマイナビエージェントによると、品質管理の職種の平均年収は422万円だそうです。(あくまで平均です)

 

一方、ハローワークの求人だと月給で15万円~25万円、パートさんの場合は時給で800円~1200円といったところです。

ただし、時給については地域差があって、都会と地方ではかなり違います。派遣社員についても同様です。

 

転職によって収入を増やすには?

あなたが転職によって年収を増やすには、あなたのキャリアを最も活かせる求人を探すことです。

例えば、あなたにGMP、ISO22000、HACCPなどの規格に対する知識や運用の実務経験があったとします。

 

食品会社の中にはそうした実務経験者を募集するものが少なくありません。そんな企業ではあなたのキャリアを高く評価してくれるはずです。

 

あるいは微生物や細菌等の取り扱い経験者を募集する求人もあって、あなたにそうした経験があればこれもまた高い評価につながります。

 

転職会社を利用する場合は、転職エージェントやキャリアアドバイザーにあなたのキャリアを詳しく伝えておけば、最適な求人をマッチングしてくれます。

先ほども説明しましたが、ここでも5社併用をお奨めします。

 

品質管理の求人に応募するには資格や経験が必要か?

品質管理の求人はほぼ全てが経験者募集です。食品業界で品質管理を担当した経験のある人材を求めています。

中には食品業界でなくても、何等かの品質管理に携わった経験のある人なら応募可とする求人もあります。

しかし、それは少数で多くは同じ食品業界での経験者を求めています。

 

従って全くの未経験者が応募出来る求人はほとんどありません。ごくまれに「未経験者歓迎」と言う求人もありますが、内容を見るとラインの検査員募集です。

品質管理担当者の募集ではありません。

 

むろん、検査員からスタートして将来は品質管理の担当者になる可能性はあります。

大企業の場合はなかなか難しいかも知れませんが、中小企業なら大いに可能性はあります。そもそも人材がそんなに豊富にいないからです。

 

なお、「未経験者歓迎」の求人であっても、基本は「経験者優遇」です。応募は出来ても採用されるのはかなりハードルが高いのは間違いありません。

 

一方、専門資格はほとんどの求人では必要としません。実務経験が優先で、資格は持っていなくても大丈夫です。

他の業界では「QC検定2級以上」のような条件付きの求人がけっこうあるのですが、食品業界の求人では少ないです。

 

むろん、応募条件にはなくても、実際にQC検定2級を持っていれば転職には有利です。品質管理の知識を持っていることの客観的裏付けとなります。

ただし、いくら資格を持っていても、その資格を使った実務経験がないと評価はされません。

 

食品業界で品質管理の求人が多い転職会社5選

さて、先ほども紹介したように食品業界の品質管理、品質保証の求人が多い転職会社はリクルートエージェント、パソナキャリア、doda、キャリコネ、リクナビNEXT、この5社です。

ぜひ5社を併用して下さい。むろん、いずれの転職会社も利用は完全無料です。あなたに一切の費用負担はありません。

 

■リクルートエージェント

食品業界の品質管理・品質保証の求人が300件以上あります。大企業、中堅企業、中小企業から求人が出ており、かつ地方からの求人もあります。

転職会社の中では比較的未経験者歓迎案件が多い方です。

 

■パソナキャリア

求人件数はそれほど多くありませんが、関東、関西を中心に求人が出ています。

あなたが直接ご覧になればすぐに分かりますが、かなり地味な転職会社です。

しかし、2019年度オリコン顧客満足度「転職エージェント部門」第1位です。見た目は地味でも転職者の満足度はナンバーワンです。

 

■キャリコネ

食品業界の品質管理の求人が多数あります。同時に、会員登録(無料)すると、60万社以上の口コミ情報を読むことが出来ます。中には給与明細まで登場してきます。

企業の口コミサイトとしては「転職希望者の信頼度が高い」「20代~30代が注目している」「人事担当者が注目している」この3部門でナンバーワンを獲得しています。(日本マーケティングリサーチ機構調査)

今すぐ転職しない人も、同業他社の口コミや年収を見て「転職すべきかどうか」を判断するために登録しています。ぜひあなたも登録してご利用下さい。

 

■リクナビNEXT

未経験者でも応募出来る求人が比較的多く出ています。

 

■dodaエージェントサービス

公開案件からも100件以上の求人が出ていますが、この他に非公開案件もあります。ぜひ登録して情報を入手して下さい。