品質管理の求人を見ていると検査員募集の案件が多数出てきます。検査の内容は様々ですが、その中の1つに目視検査員の仕事があります。

 

目視検査とは文字通り目視で品質検査を行う仕事です。検査対象、検査規格によっては顕微鏡や拡大鏡を使って検査します。

 

商品に傷や割れ、欠けがないか、変形、変色がないかなどを検査します。中には特殊な照明を用いて非常に微細な欠陥を見つける高度な検査もあります。

 

目視検査

 

そんな目視検査ですが、求人には未経験者歓迎案件が多数出ています。と言うより、実はほとんどの求人が未経験者歓迎なのです。

難しい検査なのに、どうして未経験者歓迎の求人が多いのでしょうか?

それには理由があります。

 

品質管理において重要な役割を果たす目視検査ですが、ここではその目視検査員募集の求人を探す方法を紹介したいと思います。

 

目視検査は半導体・自動車・電子部品業界で需要が高い仕事

まず、目視検査がいったいどんな仕事なのか簡単に説明しましょう。

私が勤務していた半導体工場には目視検査員が70名以上いました。ピーク時にはもっといたかも知れません。

その多くは顕微鏡を使った半導体製品の外観目視検査でした。完成した製品に傷や割れ、欠け、変色などがないか検査する仕事です。

 

半導体・電子部品の検査
半導体・電子部品の目視検査

 

私が大手の転職サイトを調べたところ、半導体業界からの求人は非常に多いです。同じく電子部品、電気部品の目視検査募集も多いです。

あるいは自動車業界、精密機械業界からも目視要員募集の求人があります。

ここらが目視検査員募集の求人が多い業界と言えます。

 

この他には食品業界や繊維業界からも目視検査員募集の求人がありますが、件数的には半導体や電子部品に比べると少ないです。

 

目視検査員は適性が何より重要

目視検査員の募集で未経験者歓迎が多いのは間違いありません。

例えば、工場ワークスと言う大手の転職サイトでは、東京都に目視検査の求人が547件あります。(2019年1月末)

 

このうち、未経験者歓迎案件は実に504件もあります。目視検査員の求人の92%は未経験者歓迎なのです。

 

初心者歓迎
未経験者・初心者歓迎案件が多い

 

これは誰にでも出来るから、経験が不要と言うことでしょうか?

確かに目視検査の中には誰でも簡単にできる容易な検査もあるでしょう。しかし、先ほど私がお奨めした半導体や電子部品業界の目視検査は決して誰でも出来るようなものではありません。

 

それは難易度の問題ではなく、目視検査員としての適性の問題なのです。適性が合えば未経験者であってもトレーニングによって立派な検査員になれます。

 

しかし、適性が合わなければ長続きしないし、検査成績も良くない結果に終わることでしょう。

早い話、目視検査の仕事には向き、不向きがはっきりしているのです。

 

目視検査員募集の求人で、未経験者歓迎が多いのは、本当は「適性のある人なら未経験者でも歓迎」と言う意味なのです。

 

私が勤務していた半導体工場でもそうでしたが、まずは未経験者歓迎で募集を募り、その中から検査員としての適性を見極めて採用するのです。

 

では、目視検査員に必要な適性とはどんなものでしょうか。それは検査対象と検査仕様によって変わってくるので一概には言えません。

しかし、私の経験からあえて一般的なことを言えばこんな感じです。

 

■目視検査員に必要な適性

・顕微鏡を長時間覗いても気分が悪くならない。酔わない。

・手先が器用。

・同じ場所で同じ仕事を続けることが苦にならない。

・集中力が持続できる。

・責任感が強い。いい加減なことが出来ない。

・人の話を素直に聞くことが出来る。

・何時間もおしゃべりせず、黙って仕事を継続できる。

 

他にもまだあるかも知れませんが、ざっとこんな感じでしょう。

 

上記の反対の性格の人は目視検査員には向いていません。

「手先が器用」とあるのは、検査品をセットしたり、不良品をはじく作業があるからです。名人芸みたいな器用さまでは不要ですが、器用に越したことはありません。

 

まぁ、今挙げた7項目すべてに自信あり、と言う人はまずいないでしょう。実際にパーフェクトな人などいません。人並程度かな、と思うならそれで十分応募可能です。

元々の適性で劣ってもトレーニングでカバー出来る部分もあります。あなたもまずは応募してみて下さい。

 

目視検査員への道

ではあなたが目視検査の未経験者として採用されてから、一人前の検査員になるまでどんな道を歩むことになるでしょう。

私が勤務していた半導体工場の例を紹介します。

 

■目視検査員のトレーニング

1.まず製品知識を学びます。製品の取り扱い方法、注意点などをしっかり覚えます。

2.検査方法、検査規格を学びます。

3.サンプル、ダミーの商品で実際に検査をやって学んだことを実践します。

4.サンプル品で合格点が出るまで繰り返しトレーニングします。

5.サンプル検査で合格が出たら、本番です。実製品で目視検査を行います。

6.ただし、あなたが検査した後にベテランが再検査します。良品、不良品が正確に検査出来ているかチェックします。

7.再検査で問題なしとなれば、いよいよあなたは一人前です。

 

個人差ありますが、私の勤務していた半導体工場ではだいたい上記7項目をクリアするまでに最低でも1ヶ月、遅い人で3ヶ月くらいかかっていました。

 

このやり方がどこでも同じとは限りませんが、まず似たような段階を踏んで採用から現場投入までのトレーニングを行うはずです。

このように段階を踏んで本番に入りますから、あなたが未経験であっても安心して下さい。

 

ただし、中にはどうしても向いていない人もいて、トレーニング中に配置転換になることもあります。それはやむを得ないと思います。

 

未経験者でも目視検査に向いている人、適性のある人は半年もすればかなり上達します。何年もやってる人に負けないくら正確に、速く検査することが出来るようになります。

その人の適性がもろに出る仕事なので、未経験者であっても歓迎なのです。

 

女性検査員
女性検査員も大活躍しています

 

目視検査員の求人を探す方法

今まで簡単にではありますが、目視検査員とはどんな仕事をするのか、どんな人が向いているかを説明してきました。

 

あなたが興味を持ってやってみたいと思うなら、今から紹介する方法で求人を探してみて下さい。

私がお奨めする方法は、工場の仕事をメインに求人情報を掲載している転職サイトを利用する方法です。

 

何しろ求人件数が多く、収入面や働き方、休日、福利厚生などの選択肢も多いです。あなたの希望に合う求人を見つけることが出来ます。

 

具体的な転職サイトとして、最もお奨めは工場ワークスで、他に工場求人ナビ、ジョブハウス工場の合計3サイトがお奨めサイトです。

 

いずれの転職サイトも派遣社員、無期契約社員の求人が中心となっています。目視検査員は正社員採用はまれであり、ほとんどが派遣社員か無期契約の求人です。

 

*工場ワークス

何しろ一番求人件数が多いです。目視検査でキーワード検索すると、1,784件の求人が見つかりました。(2019年1月末)

この求人件数は他の転職サイトに比べてダントツに多いです。関東、東海、関西エリアの求人が中心です。

 

地方の場合は求人件数が少ないので、工場ワークス1社に頼らず、この後に紹介する工場求人ナビやジョブハウス工場との3社併用をお奨めします。

 

派遣の場合の時給ですが、平均すると1,100円~1,300円辺りが目安です。中には1,700円~2,000円クラスの求人もあります。

ただし派遣の時給は地域差が大きく、東京や神奈川などの関東と北海道や四国、九州では時給の相場が異なります。

 

なお、求人は半導体工場、電子部品工場、自動車工場などから多く出ています。

■工場ワークスの詳細を見る

 

*工場求人ナビ

工場求人ナビは日総工産が運営する求人・転職サイトです。主に日総工産が人材派遣する求人を掲載しています。一部にはメーカー直の求人もありますが、件数は少ないです。

 

目視検査員で求人検索すると、全国に147件の求人が見つかりました。(2019年1月末)

求人件数は少ないですが、好条件の求人が非常に多いです。

 

業種としては半導体、電子部品、自動車などからの求人が多くあります。

諸手当込みで月収30万円を超える求人が多数あります。

■工場求人ナビ

 

*ジョブハウス工場

ジョブハウス工場も工場の仕事専門サイトです。間違いなく目視検査の求人もあります。ただ、残念なことに目視検査だけを検索する機能がサイトにありません。

 

職種で「軽作業・検査・ピッキング」を選んで、この中から目視検査を選ぶことになります。ただ、職種検索だと全国に6,000件以上の求人があります。

 

ここから目視検査を選ぶのは大変です。無料で転職アドバイザーのサポートを受けることが可能なので、ぜひ会員登録した上で相談して下さい。

■ジョブハウス工場

 

まとめ

品質管理の求人を探すと検査員募集の案件が多数見つかります。今回はその検査員の中でも目視検査に絞って説明しました。

 

少し説明し切れない部分もあったので、ぜひこちらの記事もお読み下さい。

『検査の仕事に向いている人、向いていない人』

 

目視検査は仕事としては向き、不向きがかなりハッキリした仕事です。あなたに目視検査員としての適性があれば全くの未経験者であっても大丈夫です。

 

特別な資格や知識は必要ありません。採用後に受けるであろうトレーニングによって一人前の目視検査員になることが可能です。

 

目視検査は品質管理において重要な工程です。あなたの検査員としてのスキルが製品の品質を支えます。やりがいのある仕事だと思います。

 

未経験だけど正社員を目指したい、パート勤務で昼間だけ仕事がしたい、シフト勤務で稼ぎたい、そんな希望のあなたはぜひ目視検査員の仕事も選択肢の1つとして考えてみて下さい。